移住を思い立って実際に行動に移せるのは、それ相応の時期があると思います。
移住ができる時というのは、生活をとりまく環境が自分一人だけの時が一番行動が起こしやすいのではないでしょうか。

そうなると、当然、独身の20才台くらいか、定年後(これは一人ではないかも)に行動することになります。
中には、夫婦そろって移住して来たとか、古民家に一家で移住して来たなどという話もありますが、連れ合いの方や一緒について来た家族が、どの程度信州での暮らしに馴染めるかに不安が残ります。

移住すればこれまでの人生では得られなかったことを体験することができますが、その反面、

こんなはずじゃなかった・・・

と感じることも多々あります。自分がそう思うのは移住を決断した自己責任なので仕方ありませんが、家族にまでそういった辛い思いをさせるのは躊躇するのが当然でしょう。

自分の場合は、20才代の時に移住を思い立ち行動に移しました。
プロローグには「ただなんとなく」と書いてありますが、実際に決断するまでに半年ほどかかりました。

愛知県と言えば全国一の製造業の県ですし、真面目に働いてさえいれば大企業の恩恵にあずかり、さほど生活に苦労することはありません。
物価も比較的安くて、いろいろなモノを手に入れるのにも困難なことはあまりないです。
一番迷ったのが、「地元には友人がたくさん居る」ということでした。みんなで集まって飲んだりすることが好きだったので、「これがなくなるとちょっと辛いなぁ」と思い、移住を決断するのに時間がかかったのです。

確かに「ただなんとなく」移住を考えたのですが、行った限りには戻ってくるつもりはありませんでした。
ので、退路は断ち切って移住を決断しました。

それまでは、自分自身以外のことでいろいろ責められたり、育った家庭環境のおかげで何かと苦労しました。 それだったら何にもないゼロからの土地で、自分だけの価値を見出してやろう!!と・・・
言葉は立派ですが、実際何度も「こんなはずじゃなかった・・・トホホ」と嘆いたクチです。

今では、結婚して子供も居るので、逆に「これから生まれ故郷に戻ってやり直しをする」という選択はできませんね。

移住した人生をよかったものにするのは、やはり自分次第でしょう。
自分の場合は、信州に来なければこんなに山を歩くことはなかったでしょうし、こんなに蕎麦を食べることもなかったと思います。何しろこんなに写真が好きになるとは思ってみませんでした。キレイに咲く高山植物に感動することもなかったと思います。

移住した人生と移住しなかった人生
2つの道を歩むことはできません。どちらを選んだにしてもよき人生にするのは、自分の考え方と授かった感動の多さだと思います。
スポンサーサイト
信州日記信州/長野どっとこむ長野県の風景・温泉・くらし転職して長野県でスローライフを過ごしています転職してスローライフを長野で送る人生 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。