日経キャリアNETはビジネスパーソンの転職やキャリアマネージメントを応援するサイトです。 転職のための企業情報、採用情報や転職に役立つ会員専用の機能を用意しています。 会員専用機能では、企業への求人申し込み、エントリーなどが可能。またプロフィールを登録することによって、 あなたが企業からアプローチされることもある「スカウト」サービス等もあります。会員登録は無料ですのでぜひご登録ください。

また、日経ならではの情報が掲載されているのが、日経キャリアNETの特徴です。 国内最大級のニュースサイト「NIKKEI NET」や日本経済新聞日曜日付けに掲載される求人広告との 連動でポジティブ志向のビジネスパーソンに質の高い求人情報を提供していきます。さらに、 日本経済新聞の最新経済・産業ニュースはもちろんメールマガジンや企業インタビューなどのコンテンツでも転職やキャリアアップに役立つ情報を提供します。

日経キャリアNETは株式会社日経HR(日本経済新聞社の子会社)が運営するサイトです。




PROSEEK(プロシーク)とはプロシークが運営する転職支援サイトのことをいいます。


PROSEEK(プロシーク)にはビジネスパーソンに
向けた転職・求人情報が多数掲載されています。


PROSEEK(プロシーク)では、スカウトサービスに加え、
職務経歴書に関するノウハウ、人材紹介サービスなど
様々な転職支援サービスを無料で利用することができます。


人材バンクネットは株式会社クイックの運営する転職サイト

キャリアシートを登録して
匿名で公開
転職サイトに公開された匿名レジュメを見た人材バンクからスカウトメールが到着人材バンクから
スカウトメールが到着
転職支援する人材バンクからのスカウト内容、求人情報をじっくり検討(スカウトに対して匿名で質問もできます)スカウトの内容をじっくり検討
(匿名で質問もできます)
興味のあるスカウトに転職相談の申し込み興味のあるスカウトに
転職相談の申し込み
転職をサポートする人材バンクへ訪問・正式登録人材バンクへ
訪問・正式登録

匿名で審査が可能


転職支援サービスとは、転職支援会社(=人材紹介会社)のキャリ
アカウンセラー、キャリアコンサルタントと呼ばれるアドバイザーが無
料であなたの転職を支援してくれるサービスです。

転職支援では、あなたのご希望にあった求人の紹介、あなたの市
場価値の査定、転職先企業との年収交渉、内定を勝ち取る為の履
歴書作成・面接テクニックなどを全てサポートしてくれます。



マイサーチ転職支援

マイサーチを利用すれば、マイサーチのパートナーである全国の転
職支援会社(=人材紹介会社)に転職支援の申し込みを行うことが
できます。

エン・ジャパン株式会社(en-japan inc.)は、東京都新宿区に拠点を置く人材コンサルタント会社。インターネットを活用した求人求職情報サービス等で大手である。 キャリアの現在がわかるメールマガジン「career news」を「まぐまぐ」を利用して毎週火曜日に無料発行の配信をしている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ジョブエンジンとはDIP社の運営する転職検索サイト
上場企業や人気企業は、自社HPに求人情報を掲載すると、すぐに応募者が殺到して募集を締め切ってしまいます。そのため、広告求人サイトにはあまり広告が掲載されません。
ジョブエンジンの検索ロボットは、常に日本中の企業のHPから、最新の採用情報を収集しています。
自分では見つけにくい上場・大手企業の求人もジョブエンジンをチェックしておけば応募のタイミングを逃すことがありません。


とらばーゆはリクルートが発行する日本の求人情報誌。週刊。主に女性の就職・転職希望者を対象とした求人情報を掲載している。

1980年2月22日に創刊号が発売された。編集者のくらたまなぶが創刊にかかわり、誌名はフランス語の仕事を意味する「travail」からとっている。

女性の就職・転職情報に特化し、また女性のキャリア形成に着目した雑誌が当時としては目新しく注目を集め、1980年から1981年頃には「とらばーゆ」は「(キャリア形成を考える)女性の転職」を意味する代名詞となり、『とらばーゆする』との流行語も誕生した[2]。後にiモードの開発に携わる松永真理が編集長を務めたことがある。

1999年4月1日に男女雇用機会均等法が改正され、募集・採用に関し男女差を設けることが禁じられる以前は、同社の別の雑誌・ビーイングを男性の求人情報誌として購読層を分けていた。同法による男女別の募集広告の禁止後は対象を男女とし、ビーイングに比べ多様な雇用形態の求人、また女性の比率の多い職種を中心に情報を掲載している。

1980年10月に関西版、1991年1月に東海版が創刊されている。

2007年8月21日、リクルートはとらばーゆを紙媒体からWebに移行し、転職サイト「とらばーゆ」として9月26日にオープンすると発表した。ピーク時と比べて発行部数が落ち込んでおり、インターネットを使って転職活動するユーザーが増えたため、Webに全面移行するとしている。それとは別に女性のロールモデルを紹介する「月刊とらばーゆ」を10月6日に創刊すると発表している。



DODA(デューダ)とは、元は学生援護会が発行していた転職情報誌であり、現在はインテリジェンスが運営する転職情報サイトである。

リクナビNEXTや[en]社会人の転職情報と同じく、求人広告に「直接応募」し、採用企業の人事担当者と直接やりとりする従来型の転職サイトであるが、キャリアコンサルタントが人事担当者との仲介役として入り、転職相談や非公開求人を含む求人の紹介をする転職支援型も合わせて利用できる点で差別化を図っている。

元々デューダは転職情報誌(1989年創刊)であった。転職情報誌として「とらばーゆ」が先行しており、転職の代名詞(俗語)として流行語にもなっていたが、デューダも積極的なTVCFを展開し、一躍知名度が上昇し、代名詞として「デューダする」が用いられるようにまでなった。2006年7月のインテリジェンスと学生援護会の合併に伴い、インテリジェンスが運営することとなった。

2007年1月、新庄剛志をイメージキャラクターに起用し、"イッシンジョーの都合でデューダしました”とTVCFや交通広告など大々的なプロモーションを展開し、ブランド力のテコ入れを図っている。

大学新卒者向け、転職者向け、派遣希望者向けなど多様なサイトがある。

就職活動をする大学生の多くはこのサイトに登録していると言われ、全国各地で合同企業説明会などのイベントも開催している。又、リクナビでしかエントリーを受け付けない企業もあり、その事が高い登録率を誇る要因になっている。

スタート時は、リクルートブックの延長で、リクルートブックオンザネットと呼ばれていたが、じょじょに力をつけ、リクルートナビ=リクナビと名前を変え、2000年前後は独占的シェアを獲得する。webクリエーション・アウォードで、三牧義明が受賞している。立ち上げは三牧のほか、上野典行、土橋裕次郎、山下真司が行った。

2004年頃より他社が提供する同様のポータルサイト(日経ナビ、毎日就職ナビ等)も力を入れ始め、リクナビより使い勝手が良い事やコンテンツが充実している事が評価され、現在は人気を三分している。

2007年以降はマイナビが飛躍的に掲載社数、登録学生数を伸ばし、現在の就職情報市場はリクナビ、マイナビの2サイトが2大サイトとして支持されている模様である。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


マイナビ転職とは、株式会社毎日コミュニケーションズが提供する人材情報サービスのブランドである。 このブランド名は2007年1月末に発表され、新卒学生向け、転職希望者向け、派遣希望者向けなど、複数のサービスで構成される。これまで同社が提供してきた様々な人材情報系サイトを統合した新たなサービス・ブランドとして、2007年3月6日より発足した。 マイナビ転職という言葉はもともと、新卒学生向け就職情報サイトである毎日就職ナビの略称として使われていたが、これが人材系の共通ブランドに転用された。 マイナビ転職のロゴマークの形は、マイナビのmとnをかたどったラインで人生の「波」を、波に寄り添うドットでその「転機」を表現しているとされる。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スポンサーサイト
信州日記信州/長野どっとこむ長野県の風景・温泉・くらし転職して長野県でスローライフを過ごしています転職してスローライフを長野で送る人生 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。