転職するには、次に選ぶ会社が自営業でもない限り、面接を受けずに採用されることはありません。
大手企業にはこんなことはないかもしれませんが、中小企業になるととんでもなく常識から逸脱した方が面接に来る場合もあります。

・酒臭い人
・旅行カバンを持って「使ってください」要するに家出してきた人
・白紙の履歴書持ってきてその場で書く人
・面接中に前借りを申し出る人
・夜中に面接の希望の電話をしてくる人
・今日から働くので住まわせてくれという人
・何でもやりますと面接で言ったにもかかわらず、まともに出勤もできない人

等々まぁひどいもんです。

面接とは
面接は、入学試験や就職・資格取得の一部など試験においてやカウンセリングや聞き取り調査などで用いられる行為である。

面接の目的は、書類や筆記でのアンケートないしテストでは判断ができない人物像や能力・思想などを、実際に会って見極める事にある。そのため、大抵の場合は氏名や住所・経歴等について事前に書類やアンケートで調べ、ある程度情報を仕入れた上で面接を行うのが一般的である。こういった事前に当人から得られる情報のほか、当人に関係する・または専門に調査する第三者からも情報を収集する場合がある。これによって得られた情報を元に面談、当人と対話して更に詳しく調べるのである。

面接を行う場所は、事務所や会議室・応接室などの仕切られた空間(部屋)で行われる事が多いが、喫茶店などの飲食店で行う場合もある。実技能力を見極める場合には、実作業が出来る環境が用意されている場合がある。

こうやって得られた情報は、面接を行った側が印象として脳裏に留めるに終わるか、第三者の便に即するように所定の書式で書類化されるかは面接の目的にもより様々ではあるが、その多くではより多くの者を面接する上で質問事項や様式が定型化されていて、面接を受ける側が示した様々な反応は、何らかの形で記録される。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スポンサーサイト
信州日記信州/長野どっとこむ長野県の風景・温泉・くらし転職して長野県でスローライフを過ごしています転職してスローライフを長野で送る人生 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。