転職をするのに履歴書を持参するのは当然ですよね。
自分がどこの誰で、これまでどんな経歴を歩んできたのかを書き綴ると同時に、文書で自分のできることをアピールせねばなりません。



求人広告などを見て応募する場合、「履歴書」と「職務経歴書」の提出を求められる場合が一般的です。これらは、面接に進めるかどうかを左右する大切な書類。まず履歴書について、基本的なポイントを紹介します。

用紙の選び方について
市販の履歴書用紙にはいろいろな種類がありますが、「退職の動機」欄があるもの、「志望動機」欄が大きいものなど、キャリア採用向けの用紙を選びましょう 。自己PRのできるもの


文字は丁寧に書く、修正液は使わないこと。
履歴書は手書きが基本。下手でもいいから、丁寧に書くことを心掛けます。誤字や脱字がないかを見直して、一文字でも間違っていたら、新しい用紙に書き直しましょう。修正液や修正テープを使うのは×。
担当者にいい印象を持ってもらえません。


内容は簡潔かつ明瞭に
履歴書全体に余白が目立つのは考えものですが、かといってたくさん書き込めばいいというものではありません。採用担当者は、多い場合は何十枚もの履歴書に目を通します。読みやすさと分かりやすさを心掛け、読み手が知りたいと思うこと、自分がどうしても伝えたいことを簡潔にまとめてください。


何度も使い回しはしない(失礼です)
どの会社にも同じ内容を記入して応募するのは禁物。「志望動機」や「自己PR」欄が抽象的で、漠然としたものになりがちなので、採用担当者に見抜かれてしまいます。応募する会社に合わせて、一枚一枚、きちんと考えて書きましょう。


日付や写真、印鑑の押し方にも注意


日付が抜けている、写真が枠をはみ出している、印鑑がまっすぐ押されていない…。こうした細かい部分も採用担当者はチェックしています。履歴書に添付する写真は「スーツ姿で、正面を向き、キリっとした表情」の胸上写真を使用しましょう。スピード写真ではなく、写真館で撮影することをおすすめします。




転職エージェントなら、手書きの履歴書は不要

履歴書は、あなたという人物の第一印象を決める大切な書類。丁寧に書くことが大切です。
ただし、リクルートエージェントを通じて転職する場合は、基本的に手書きの履歴書は不要。提出を求められる場合でもキャリアアドバイザーがアドバイスいたしますので、書類づくりで悩むことなく、転職活動を進められます。

転職

スポンサーサイト
信州日記信州/長野どっとこむ長野県の風景・温泉・くらし転職して長野県でスローライフを過ごしています転職してスローライフを長野で送る人生 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。