「エンジニア35歳からの転職 !!」と叫びたくなるアイテムです(笑)。

思わず意味不明なことを書いてしまいましたが、このアイテムを見つけた時はそれくらいテンションが上がりました。

エンジニア35歳からの転職 って、私が知らなかっただけかもしれませんが、とにかくびっくりするアイテムなんです。



【内容情報】(「BOOK」データベースより)



6回の転職で年収1000万(超)になったSEが語る、リアルで身近な転職論。



【目次】(「BOOK」データベースより)



1回目 勢いにまかせたはじめての転職―三十五歳で生命保険会社へ/2回目 やりたい仕事に戻るために苦労した転職―三十八歳で零細ソフトウェアハウスへ/3回目 自分の人生を大きく変えたエポックメイキングな転職―三十九歳でモバイルベンチャー企業へ/4回目 明確な目的がない短命に終わった転職―四十一歳で商社系ブロードバンド事業会社へ/5回目 官僚的な組織で働く辛さを味わった大企業への転職―四十一歳で大手SIerへ/6回目 夢と仕事を両立させる最後の転職―四十四歳でマーケティング・リサーチ会社へ



【著者情報】(「BOOK」データベースより)



伊藤靖(イトウヤスシ)

1960年生まれ。(株)クロス・マーケティングソリューション開発本部本部長。18歳、某大学の哲学科に入学。授業には顔を出さず、サックスの練習に明け暮れる。24歳、流通系クレジットカード会社に入社。債権回収部で債権回収業務を行う。27歳、情報システム部門に異動。クレジット債権管理システムの開発などを行う。35歳、電気メーカー系生命保険会社に転職(1回目)。法人、個人向け営業活動を行う。38歳、Linuxを手がけるソフトウェアハウスに転職(2回目)。ネットワークシステムの構築を行う。39歳、モバイル系ベンチャー企業に転職(3回目)。モバイルシステム開発に携わる一方、経営に参画する。41歳、商社系ブロードバンド事業会社に転職(4回目)。新規事業・サービスの開発に携わる。41歳、大手SIerに転職(5回目)。法人、官公庁向けのシステム開発に携わる。44歳、インターネットリサーチ会社に転職(6回目)。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



もっと早く知れば良かった・・・。



後悔が頭をよぎる今日この頃。



転職してスローライフを長野で送る人生が自信を持っておすすめする、とっておきのアイテムです。






転職
スポンサーサイト
信州日記信州/長野どっとこむ長野県の風景・温泉・くらし転職して長野県でスローライフを過ごしています転職してスローライフを長野で送る人生 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。