私も転職経験者ですが、転職には大きく3つの理由があるのかなと思っています。「仕事内容、給料、人間関係」です。だいたいこんなところでしょう。
私が、最初に転職した理由は、人間関係と収入でした。

「仕事」というのは仕事の内容に対する不満です。仕事が自分に合わないとか、自分の能力が社内人事によって損なわれているときなどがあげられます。転職希望ランキングでは「4位:知識や技能を生かしたい」がそうですね。自分の能力を伸ばしたり活かしたりすることを今の仕事が妨げるというのは転職を考える大きな不満としていいと思います。リストラのためにあえて不得意分野になってしまうこともあったりもしますよね。

また、「仕事」の不満で考えられるのは、自分の勤める会社の将来像が自分の将来像とマッチするかという問題もあります。会社の事業の発展性はあるか、自分の働きに会社は見合った評価をしてくれるキャパシティがあるか、などなど。転職順位の「3位:事業不振や先行き不安」というところでしょうか。これも不安がある会社に依存する必要はないわけで、できるなら転職を考えていいでしょう。

2番目の不満、「給料」というのはもちろん、収入の不満です。「収入が少ない」というのは転職希望理由ランキング堂々の1位でしたが、大きな問題だと思います。収入が少ないというのは、現在の生活にも影響しますし、将来にも影響します。今、貯金できていれば子どもの教育費や住宅資金の捻出に将来困ることもなくなるからです。老後の生活にも影響します。

収入が少なくても生活ができる環境に変えることによって、転職しても年収はあがらなてもOKとなる場合があります。それが、転職・移住です。東京など大都市圏より物価の安い地域へ移住すれば、家賃や住宅購入の費用だけでもかなり安く生活ができるようになるでしょう。

最後の「人間関係」の不満ですが、場合によっては有力な転職の動機です。同僚や上司とソリがどうしても合わない職場にしがみついて精神的に疲労する必要はないと思います。人事で明らかに自分が不公平な待遇を受けている場合もそうです。自分の能力に自信があるなら、そんな会社は辞めて同じ仕事を違った会社でやればいいわけです。

人間収入だけが全てじゃない場合だってあるんです。

それ考えただけですごく気が楽になることってあるんじゃないですか?
スポンサーサイト
信州日記信州/長野どっとこむ長野県の風景・温泉・くらし転職して長野県でスローライフを過ごしています転職してスローライフを長野で送る人生 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。