「理系」の転職 ってもうチェックされましたか?

転職してスローライフを長野で送る人生の周りで話題になっている、かなり優れもののアイテムです。



【内容情報】(「BOOK」データベースより)



成功するキャリアづくりのポイントはココ!専門性が高くて優秀なのに…。失敗しない転職の方法をアドバイス。



【目次】(「BOOK」データベースより)



第1章 「理系の転職」の現実/第2章 理系の希少価値を高めるために/第3章 理系の転職は35歳がターニングポイント/第4章 転職を有効活用する/第5章 転職で失敗しないために/第6章 「マネジメント型理系」になる方法/まとめ 理系経営者が増えてほしい理由



【著者情報】(「BOOK」データベースより)



辻信之(ツジノブユキ)

1962年岡山県生まれ。東京大学工学部卒。東京大学大学院(船舶工学専攻)修士課程修了。スタンフォード大学大学院(航空宇宙工学)博士課程修了(Ph.D.)。1987年新日本製鐵入社。先端技術研究所にて炭素繊維複合材料の評価、製品開発等に従事した後、1996年よりマッキンゼー・アンド・カンパニーにて製造業、通信事業者、製薬会社などに対して新規事業戦略、研究開発戦略、組織設計などのコンサルティングに従事。2001年より縄文アソシエイツに参加、ハイテク、製造業、IT業界のエグゼクティブサーチおよび社外取締役招聘プロジェクトを中心に活動中。2005年10月より東京大学特任助教授(技術経営戦略専攻)を兼任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)







このアイテムを知らないのはとても勿体無いと思います。

と言いつつ、転職してスローライフを長野で送る人生も最近知ったばかりなんですが・・・。

これってどんなアイテムなんだろう、と軽い気持ちで調べてみたら、予想以上に優れもののアイテムでした。



まだご存知でないなんて勿体無いですよ!

ご存知でない方は、是非一度チェックしてみてください。






転職
スポンサーサイト
信州日記信州/長野どっとこむ長野県の風景・温泉・くらし転職して長野県でスローライフを過ごしています転職してスローライフを長野で送る人生 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。